>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

アズノール軟膏

アズノール軟膏 乳幼児がかぶれや湿疹などの肌トラブルを起こした時、かゆみや痛みなどの症状を早く取り除いてラクにしてあげたいと思いますが、あまりに即効性の高い薬だと副作用が心配です。 炎症をきちんと抑えながらも、副作用の少ない、安全性の高い薬を使ってあげるようにしましょう。 アズノール軟膏は、植物由来の軟膏薬です。 肌の炎症を和らげながら保護し…

続きを見る

テラ・コートリル軟膏

テラ・コートリル軟膏 肌の炎症がひどい状態で、症状を早く抑える必要のある時には、強力な作用を持つ薬を選ぶ必要があります。 腫れや出血など、長引けば他の病気へも移行することが考えられるときなどには、副腎皮質の薬が用いられることも多くなります。 テラ・コートリル軟膏は、オキシテトラサイクリン塩酸塩とヒドロコルチゾンを主成分にした塗り薬です。 …

続きを見る

デルモベート軟膏

デルモベート軟膏 さまざまな肌トラブルにより、皮膚の腫れやかゆみ、痛みなどが悪化した時には、抗炎症作用に即効性のあるステロイド薬が処方されます。 それは、皮膚の発赤やかゆみがひどくなると生活に支障が出ますし、症状が重症化すると別の感染症にかかってしまうこともあるからです。 デルモベート軟膏は抗炎症作用と抗アレルギー作用のあるステロイドの外用薬で…

続きを見る

ヒルドイドソフト

ヒルドイドソフト 乾燥肌が原因の皮膚トラブルは、軽度のうちは薬局やドラッグストアで売っている市販薬や保湿クリームで様子を見ることができます。 しかし、きちんと保湿をしても症状が改善しなかったり、かゆみやかぶれが悪化していく時には、早目に皮膚科を受診するようにしましょう。 ヒルドイドは、皮膚科などで処方される皮膚疾患の治療薬です。 人の体内…

続きを見る

プロペト

プロペト 軽い肌荒れから重症の皮膚疾患、アトピー性皮膚炎など、肌トラブルに幅広く利用されているワセリンですが、精製度によって使い道が分かれています。 皮膚科では、患者の症状に見合った外用薬が処方されますが、ワセリンは塗る患部の場所や患者の年齢などで使い分けられています。 プロペトは、ワセリンの中でもサンホワイトに次いで精製度の高い外用薬に分類さ…

続きを見る

ベシカムクリーム

ベシカムクリーム 皮膚の炎症や痛みのために皮膚科を受診すると、その症状に合わせて軟膏やクリームなどの外用薬が処方されます。 外用薬は、患部に直接塗ることで薬の作用をダイレクトに浸透させることができるので、即効性の求められる皮膚炎の治療にも効果的です。 ベシカムクリームは、イブプロフェンピコノールを主成分にした非ステロイドの外用薬です。 皮…

続きを見る

ロコイド

ロコイド 秋冬の乾燥肌が悪化したり搔き壊してただれたりすると、痛みやひどいかゆみがあらわれ、治るのに時間がかかることになります。 その状態で皮膚科を受診すると、ステロイド薬を処方されることが多いでしょう。 ステロイドと聞くと、気をつけなくてはいけない薬のようなイメージがありますが、子供に処方されるステロイド薬は安全性の高いものですので、用法・用…

続きを見る

亜鉛華軟膏

亜鉛華軟膏 季節や体調の変化によって、人の肌の状態もコロコロと変わっていきます。 今までは大丈夫だった物質に突然過敏になってしまったり、大好物だった食べ物に対して急にアレルギー反応が出るようになることも、実はよくあるのです。 そんな敏感な状態の時に肌トラブルを起こしてしまったら、使用する薬も身体に刺激になる場合があるので、気をつけなくてはいけま…

続きを見る

白色ワセリン

白色ワセリン 湿疹や肌荒れでデリケートになった皮膚をカバーする働きのある白色ワセリン。 乾燥肌や敏感肌の治療に使われることも多いです。 傷付いた肌の上にのせることも多く、身体のどの部分の肌に塗っても副作用が起きない、とても安心感のある外用薬です。 ワセリンは、石油系の混合物を精製して作られています。 精製度の高さでいくつかの製品に分かれてお…

続きを見る


肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑