肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

まずはアトピー性皮膚炎を知りましょう

ひどい肌荒れやかゆみに長期間悩まされるアトピー性皮膚炎。子供がアトピー性皮膚炎になる原因とは何なのか、どう対処すれば良いのか、まとめてみました。

アレルギーが主な原因と考えられる皮膚病

アトピー性皮膚炎は、かゆみのある湿疹が慢性的に続く皮膚病です。症状は軽くなったり重くなったりを繰り返すのが特徴で、いったんアトピーが落ち着いたかと思っても治療をやめるとさらにひどい症状が出てしまうことも多いです。

治療には、ステロイド剤を使って皮膚の炎症やかゆみを抑えた上で、こまめな保湿を行うことになります。かゆみが強くなると子供にとってはつらいですから、症状を薬でコントロールしてあげることが大切です。

症状は赤ちゃんのころから始まることが多く、原因にはアレルギー物質への反応や、生活環境の影響が考えられています。

アトピー性皮膚炎のはっきりとした原因は明らかになっていませんが、もともとアレルギー体質の子供や、家族にアレルギーの方がいる子供が、発症しやすいことも特徴となっています。

アトピー性皮膚炎の子供は喘息やアレルギー性鼻炎を併発することが多いです。他のアレルギー疾患と同じように国内の患者数は年々増加していますから、子供を持つ親にとっては心配な病気のひとつです。

アトピーになりやすい子供がいる?

アトピー性皮膚炎になる子供は、生まれつきさまざまな物質に対してのアレルギー反応を起こしやすいというのが特徴です。

アレルギー反応は、重篤なものなら呼吸困難や意識障害になりますが、軽いかゆみやしびれなど、実は、ほとんど気付かないレベルで反応があらわれている場合もあります。

子供が特定の食べ物を食べた時に「口の中がかゆい」とか、「舌がぴりぴりする」などと言っていたり、身体を洗う石鹸をかえたとたんに手足をかゆがるなどの症状も、アレルギーが原因となっていることがあります。

また、やたらと身体をかゆがったり、気がつくとよく皮膚がかぶれているといった「皮膚過敏症」の子供も、アトピー性皮膚炎を発症しやすいので注意が必要です。

アトピー性皮膚炎患者のアレルゲンに多いもの

  • ダニ、カビ、菌類、花粉など、空気に含まれる汚れ
  • 卵、牛乳、小麦粉などの食べ物
  • 飼い猫や飼い犬の抜けた毛や皮膚

子供のアトピー性皮膚炎を引き起こすアレルゲンは、1人1人で違いが大きいですが、主なものにはこういったものがあります。

アレルゲンで過敏に反応した皮膚を掻きむしることによって、またそこから新たなアレルゲンが体内に入ってしまいますので、アトピー性皮膚炎の治療にはまずかゆみを抑えてあげなくてはいけません。

アレルゲンの他には、精神的なストレスもアトピー性皮膚炎の症状を強めてしまうことが分かっています。アトピー性皮膚炎の子供には、症状が悪化しないようにお家の方が心身のサポートをしてあげることがとても大切ですね。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑