肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

乾燥肌と皮膚からの出血

乾燥肌が悪化すると皮膚にひび割れや亀裂が入ったり、皮膚炎を起こして出血をすることがあります。

いったん切れてしまった皮膚が治るまでには時間がかかり、痛みも強いですから、子供にとってはつらくて大変です。いざという時のための、乾燥肌の出血の対処法についてまとめました。

皮膚が切れてしまう原因は?

乾燥肌は、肌表面の皮脂が少なくうるおいが不足している状態です。

この状態で保湿ケアなどを行わずにいると、皮膚はどんどん硬くなって張りつめていってしまいます。

そうなると、目には見えない小さな傷が手のひらや指先などについていき、そこに雑菌や汚れが付着して肌の内部まで入り込んで炎症を起こしたり、小さな傷が繋がり、しだいに大きくなって皮膚に切れ目ができてしまったりします。

いったん傷がついた皮膚は元通りになるまで数日かかり、その間にも乾燥肌が進行すると、ただれや炎症、発疹などの肌トラブルが起きて出血もひどくなることがあります。

乾燥肌で出血が起きたら…

乾燥肌が原因で子供の肌が出血している時、絆創膏を貼る前にワセリンなどで肌をうるおわせてあげると傷が早く治ります。

一度切れ目の入った皮膚は同じ場所が繰り返し切れてしまうこともよくありますから、なるべく乾燥させないように保湿ケアには気をつけてあげましょう。

ワセリンをつけることで傷口にばい菌などが入り込むのを防ぐことができますから、治りも早く、新しく皮膚が切れたりただれたりするのを予防する効果もあります。

クリームや薬等の保湿ケアの前に傷を治す事が先決です。

かゆみと出血が重なっていたら「アトピー」の可能性も

乾燥肌で皮膚が切れて出血してしまうのとは別に、乾燥した肌がかゆく、掻きこわしたりただれたりして出血している時には、アトピーやアレルギー性疾患の可能性もありますから注意が必要です。

子供の乾燥肌はアトピー性皮膚炎を併発していることが多く、ただの乾燥肌と考えて、アトピーの適切な治療が遅れると症状が進行してしまう恐れもあります。

乾燥肌が原因でかゆみを伴う出血があり、お母さんが「ちょっとおかしいな…」と思うことがあれば、早目に専門医を受診して診察してもらいましょう。

アレルギー体質の子供だと、食べ物や肌につける合成洗剤などで肌にトラブルが出ている場合もありますから、自己判断せずに病院に行った方が安心です。

寝ながら肌を掻いてしまう子供にはミトンがおすすめ

子供が出血するほど肌を掻いてしまうのは、ほとんどは夜の眠っている時間です。
無意識にかゆい所を掻き続けているうちに、血が出るほど強くなってしまうのです。

眠る前、眠っている時は体温が高くなります。
体温が高くなると神経伝達の速度が速くなるためかゆみを感じるようになるためです。

無意識にやっていることですから子供を叱っても無駄ですよね。
そういう時には、子供の就寝用ミトンを両手につけておくと良いです。

大きな子供だと寝ながら外してしまうこともありますが、小さな子供や赤ちゃんには効果的でおすすめです。

でも、一番の解決方法は乾燥肌対策
自然で効果的な対策を日常に取り入れましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑