肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供の乾燥肌の原因は?

乳幼児期の子供の肌はとても乾燥しています。
そのため、さまざまな肌トラブルに悩まされている場合も多いのです。なぜ、子供の乾燥肌は起こるのでしょうか?

子供の皮脂分泌量

産まれてすぐの新生児の頃、赤ちゃんの肌はお腹の中でお母さんからもらった栄養により、皮脂の分泌がとても多くなっています。

皮脂の分泌が多いと、肌の表面をバリアして守ってくれるので乾燥肌は起きにくくなります。
しかし、約1〜2カ月でその働きが弱まり、そこから皮脂の分泌量はどんどん減っていきます。

1歳から6歳頃までの乳幼児期は皮脂の分泌量がもっとも少なくなるといわれていて、そのためこの時期の子供は乾燥肌になっているのです。

子供の角質層の厚みは大人の半分

肌の表面には角質層という肌を守る膜がありますが、子供の角質層の厚みは大人の半分ほどしかありません。

その角質層の上には皮脂がバリアとなってくれますが、子供は皮脂の分泌量も少ないので、さまざまな刺激を肌がダイレクトに受けてしまうことになり、肌トラブルが起こりやすくなります。

乾燥肌になってしまうと

乾燥肌になると、肌の表面がカサカサとして粉をふいたような状態になり、悪化するとひび割れてくることがあります。

かゆみが出ることもあり、小さなお子さんの乾燥肌では、このかゆみが一番の悩みになっています。
かゆみが強いと夜もぐっすり眠れなくなり、掻きすぎて肌を傷つけてしまうこともあります。

特に乳幼児期では寝ている間に無意識に掻きむしり、朝起きると血が出ていたり悪化してしまうこともよくあります。
かゆみがひどいと、お子さんもお母さんもとてもつらい思いをしますので、ひどくなる前にケアをしておくことが大切です。

乾燥肌は入浴時や就寝時にかゆみが強くなる

乾燥肌のお子さんは、特に入浴時や就寝時にかゆみが強くなることがあります。

これは肌が温まった時の刺激でかゆみが誘発されてしまうからです。
ですから、入浴の時には乾燥肌用の入浴剤を使い、肌への刺激をできるだけ減らしてあげましょう。

身体を洗う時にも優しく丁寧に洗い、石鹸はしっかりとシャワーで洗い流します。
入浴後には保湿クリームやローションなどでを使って、肌の乾燥を防ぎます。下着や肌着など身体に触れる衣類は化学繊維の入っていないものが低刺激でおすすめです。

おむつをつける時には、水分をしっかり拭き取っておむつの中が蒸れないように気をつけます。
かぶれがある場合は、おむつ替えの度にクリームなどを塗ってケアしてあげましょう。

子供の乾燥肌は、皮脂の分泌量が少ないために起こります。
バリア機能が落ちている肌は、なるべく清潔に保ち、こまめに保湿をしてあげましょう。そうすることで、乾燥肌のトラブルを防ぐことができます。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑