肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

夜や冬に肌のかゆみが強くなる原因

秋から冬の寒い季節や夜の寝る時間帯や睡眠中に乾燥肌の強みが強くなっていませんか?
寝付いてからの肌のかゆみで乾燥肌の子供さんは夜泣きが多いはずです。

秋から冬の寒い時期の肌のかゆみ

秋から冬にかけて、肌寒い時期になると身体のあちこちがかゆいと感じる方が多くなります。
その理由は空気の乾燥によって肌内部の水分量も少なくなり、肌表面のバリア機能が崩れることで乾燥肌の状態になってしまうからです。

また、冬場は暖房器具などを使用するので、余計に身体の中は乾いてカラカラの状態になってしまうのです。

乾燥肌になると今まで肌を守ってくれた皮脂膜がとても薄くなってしまいますので、肌の潤いや水分保持機能がうしなわれ、色々な肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

そうなると、肌のつっぱり感やかさかさとした感触にくわえて、かゆみが生じることが多くなります。

乾燥肌が原因で肌のバリア機能が崩れ、さまざまな刺激にたいして敏感になっている状態のことを乾燥性敏感肌といいます。

乾燥性敏感肌が悪化すると、自分の髪や衣類が顔や身体に触れただけでかゆみや痛みがでるようになり、化粧水や薬などを肌につけてもぴりぴりとしてかぶれたりただれたりすることがあります。

乾燥肌には、うしなわれた肌のバリア機能のかわりに保湿ケアを心がけることが大切です。
ローションやクリームなどで肌を覆い、皮脂膜のように肌を守ってあげることが大切です。

夜に肌のかゆみが強くなる原因

夜にかゆみが強くなる方も多いですが、その原因は温度差にあります。
一般的に、人が心地よく眠れる布団内の温度は33〜35℃程度だといわれています。

冬場の布団の中は、体温よりすこし低いくらいの温度になっているわけです。
そうすると、冬場の室内の温度は平均で18℃ですから、10℃以上、寒い地域だと20℃以上の温度差が布団に入る前と後では生じてしまいます。

布団の中で急激に温められた身体に皮膚が反応すると、むずむずとかゆみを誘発する結果となってしまいます。

また、睡眠時には自分で思っている以上に汗をかいていますので、そうした刺激もかゆみに繋がっていると考えられます。

入浴時や入浴後に身体がかゆくなることも多いですが、それも浴室内との温度差が原因になっています。

肌のかゆみは、皮膚に対してのさまざまな変化や刺激が原因となって起こります。
しかし、その原因をすべて取り除くことはほとんど無理だといえますので、かゆみが起こらないように普段から肌を守って肌本来のバリア機能を正常に働かせることが大切です。

肌を守るには、顔や身体を洗う時にごしごしと強く洗わないように気をつけます。
入浴後にはしっかりと保湿をしましょう。

生活リズムの乱れや環境の変化、ストレスなどでも乾燥肌に繋がります。
バランスの良い食事と適度な運動、充分な睡眠を心がけることで肌も健康になり、かゆみも改善することができます。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑