肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

おむつかぶれの悪化は乾燥肌をまねきます

赤ちゃんのおむつかぶれに悩んでいるお母さんはたくさんいますが、おむつかぶれを気にしすぎておしりを洗いすぎると、さらにかぶれがひどくなってしまうことをご存知でしょうか。

おむつかぶれの根本的な原因になっている、赤ちゃんの乾燥肌について考えてみましょう。

おむつかぶれの原因は乾燥肌だった?

赤ちゃんのおむつの中や足の付け根、お腹のくびれなどがかぶれてしまう、おむつかぶれ。
皮膚が薄く、デリケートな赤ちゃんの肌は少しの刺激でもひどい肌トラブルに繋がりかねません。

赤ちゃんがおむつかぶれになっていると、おしりや股についたウンチやおしっこが原因になっていると思い、清潔を心がけるお母さんも多いと思います。
でも、あまりにもきれいにしすぎると乾燥肌が悪化して、おむつかぶれがひどくなってしまうこともあるのです。

そもそも、おむつかぶれの一番の原因となっているのは、赤ちゃんの角質層の薄さと皮脂の少なさです。

バリア機能が整っていない赤ちゃんの肌は、おむつの中の汚れや汗などの刺激がトラブルに繋がってしまうのですが、かといって洗いすぎるとさらに皮脂を失わせることになってしまうのです。
大切なのは、デリケートな肌を守ってあげることです。

おしりを洗ったあとには必ず保湿を!

小児科などで赤ちゃんのおむつかぶれを相談すると、おむつ替えの時にシャワーでおしりを流して清潔にしてあげるようにとアドバイスされることがあります。

赤ちゃんのおしりや陰部をきれいにするためには、市販のおしり拭きなどでごしごし拭くよりシャワーで流した方が断然効果的です。
おしりふきの摩擦の刺激をなくすことが出来ますし、汚れの取り残しをなくすことも出来ます。

しかし、お湯で流すと肌の皮脂が流れてしまうので、そのままでおむつをつけると乾燥肌からさまざまな肌トラブルが起きやすくなります。
シャワーで流したあとには、しっかりと肌の保湿を行うことが大切です。

今使っている保湿剤は赤ちゃんの肌にやさしいですか?

赤ちゃんのおむつかぶれを防ぐための保湿剤にはさまざまなものがありますが、1日に何度もあるおむつ替えのたびにつけるものですから、出来るだけ低刺激で無添加のものが安心ですよね。

小児科や皮膚科では、プロペトと呼ばれるワセリンが処方されることが多いようです。
プロペトは市販されている白色ワセリンよりもさらに低刺激で、目の中や口の中に塗ることも出来るほど身体に害がないといわれています。

プロペトのほかにはホホバオイルや馬油などの天然のエキスや成分も、安心して赤ちゃんにつけることができておすすめです。
保湿剤を塗る時には、おむつが擦れる部分は多めにつけるようにしましょう。

おしりの全体にワセリンを薄く塗ってあげると、ウンチ汚れから肌を守ってあげることができます。
赤ちゃんのつるつる肌を守ってあげるために、こまめな保湿をしてあげましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑