肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

乾燥肌のかゆみ対策

肌が乾燥していると、さまざまな刺激がかゆみにつながってしまいます。
小さな子供はかゆみをガマンすることが苦手ですから、お母さんの気付かないうちに掻きこわしてしまい、深刻な肌トラブルを起こしてしまうことも…。

寒い季節には特に気をつけたい、乾燥肌とかゆみについてまとめてみました。

子供の乾燥肌と大人の乾燥肌の違い

いつも水分たっぷりに、みずみずしく見える子供の肌。

この肌のどこが乾燥しているの?と、不思議に思うこともありますよね。
でも、ほとんどの子供は乾燥肌を起こしているのだそうです。

大人の乾燥肌は、肌表面の水分保持力の低下やキメの乱れ、ホルモンバランスの影響などが原因で起こりますが、子供の乾燥肌は、皮脂分泌量の少なさと角質層の薄さによって引き起こされるのが特徴です。

1歳から思春期頃までの子供は、皮脂分泌量がかなり少なく、角質層の厚みも大人の半分以下しかありません。

ですから、肌表面を守るバリア機能が弱い上に肌内部に水分を留めておくことも難しいのです。

思春期を迎えると皮脂分泌量が一気に増えますが、それまでは、乾燥肌に気をつけてあげることが大切ですね。

乾燥肌のかゆみはなぜ起こる?

子供はもともと肌が薄いので、さまざまな刺激が肌の神経に伝わりやすくなっています。
その上、乾燥肌が悪化していると、普段よりも肌への負担が大きくなってしまいます。

寒い冬になると、子供がやたらに手足や背中をかゆがっている様子を見かけることはありませんか?
普段は気にならない衣服の刺激ですが、冬には乾燥肌の状態が強くなり、かゆみにつながってしまうということがわかりますね。

かゆみの原因になるもの

部屋の中と外気の寒暖差・お風呂のお湯・屋内の湿度・さまざまな汚れ・顔の周りにつく食べ物・汗・衣服の刺激・肌に触れる髪の毛・ホコリやダニなどのアレルギー物質…

かゆみの原因となる刺激はさまざまですし、すべてを防いであげるというのは難しいです。

肌のかゆみを招く刺激はできるだけ取り除いた方が良いですが、その前に子供用の保湿剤などでお肌にバリアをかけて守ってあげることも大切なのです。

今すぐ家庭でできる、乾燥肌のかゆみケア

乾燥しがちな子供の肌には、普段から保湿ケアをしてあげましょう。
敏感な子供の肌にも使える保湿剤を選ぶようにして、入浴後などに塗ってあげます。

保湿剤を塗ることで肌のベールの役割ができますから、刺激からくるかゆみを和らげることができますよ。
保湿効果のある入浴剤なども、全身を潤わせることができておすすめです。

ただ、上がり湯をしてしまうと効果が落ちてしまいますから、流しすぎないように気を付けて下さいね。

私が子供に使っている肌潤糖は入浴時に使えて自然由来のものなのでおすすめです。

もうすでにかゆみが強くなっていたり、掻きこわしてしまっている場合には皮膚科で診察をしてもらいましょう。

自己判断でお薬や保湿剤を患部に塗ってしまうと、かぶれが強くなることもありますから注意が必要です。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑