肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供が肌をかゆがる時のホームケア

子供が足や腕をかゆがることはよくありますが、一度掻いてもおさまらない様子だったり、搔き壊して肌が傷付いている時には注意が必要です。

かゆみには色々な原因があり、皮膚がなにかと接触することで一時的にかゆみが生じる場合もあれば、かゆみの奥に病気が隠れていることもあります。
子供のかゆみの原因が何にあるのか、きちんと見分けることも大切だといえます。

かゆみの原因の特定法

かゆみの原因を探す時には、子供が「かゆい」と言っている箇所をよく観察してみて下さい。
そこに発疹や腫れ、赤みがある時には虫さされやアレルギー症状の可能性があります。

蚊に刺された後のように、簡単に判断ができるものであれば虫さされ用の薬を塗って様子をみます。

子供がかゆみを訴えているのが特定の部分ではなく、身体のあちこちなど、広範囲に渡る場合は乾燥肌が原因のかゆみが考えられます。

小さな子供はもともと乾燥肌なので、気温の上下や環境の変化でかゆみがでやすいのです。
かゆみをそのままにしておくと、子供が無意識に搔き壊してしまったり、悪化して肌がただれることもあります。お子さんが乾燥肌だと気付いたら、すぐに保湿ケアを始めましょう。

肌のかゆみへの対処法

かゆみへの対処法は薬や保湿グッズを塗ってあげることが一番ですが、すでにかなりかゆみがひどくなっている場合は、とりあえずそのかゆみを鎮めてあげなくてはいけません。

かゆみのひどいところに直接クリームを塗ってしまうと、さらにかゆみを誘発してひどくしまうこともあるのです。
ですから、まずはかゆみを止めて、それから保湿をすることが大切です。

かゆみを止めるには市販のかゆみ止めの薬をつけても良いですが、肌に引っ搔き傷などがあると、そこからしみて痛くなったり、肌荒れがひどくなってしまいます。

また小さなお子さんは色々な物質に対して敏感ですから、市販の塗り薬を肌に直接つけるのにも注意が必要です。

薬を使わずにかゆみを鎮めるには、濡れタオルを巻いたり保冷剤をタオルでつつんでかゆい所を冷やす方法がおすすめです。

市販のかゆみ止めも、それ自体に傷を治療するような成分が入っているわけではなく、患部を薬剤で急激に冷やすことでかゆみを治める働きになっているのです。

水や氷を使い、かゆみのひどい所をしっかり冷やしてあげることで、一時的ですがかゆみが治まりラクになるはずです。

かゆみがおさまったら次は保湿クリームや保湿ローションを塗ってあげて、肌に膜をはった状態を作ってあげます。
そうすることで角質層に異物が入ることをふせぎ、肌内部の水分保持機能を高めることもできるのです。

子供の肌のかゆみの中には、特定の物質に対するアナフィラキシーショックやアトピー性皮膚炎などが原因になっている場合もあります。

かゆい所を冷やしたり保湿をしてもかゆみがおさまらなかったり、腫れや赤みが出ている時には、早目に皮膚科を受診するようにしましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑