肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供のあせもと乾燥肌の関係は?

新陳代謝が活発な子供は夏になると大量な汗をかいて、あせももたくさんできてしまいます。
あせもを治すには清潔が一番ですが、このあせもケアが乾燥肌に繋がってしまうこともあるので注意が必要です。

子供の肌はなぜ「あせも」になるの?

暑い夏になると、汗びっしょりになっている子供をよく見かけますよね。
子供は大人に比べて新陳代謝が活発で体温が高いので、どうしても汗をかきやすいのです。

汗をたくさんかくことは、身体の中の体温を調節するために大切なことですから、問題はありませんよね。
でも、汗びっしょりの子供の身体にできてしまう「あせも」には気を付けなくてはいけません。

あせもは、汗を大量にかくことで汗管と呼ばれる管が詰まってしまい、皮膚の外に出られなくなった汗が皮膚の中に漏れてしまうことで起こります。
肌の表面にぷつぷつとした小丘疹ができますが、軽いものならかゆみもなく自然に治ります。

でも汗管の深い場所であせもが出来ると、あせもの周囲に発疹やかゆみがでて悪化してしまうのが特徴です。

あせもの治療が乾燥肌を誘発する?

あせもの治療には、かゆみが出ている部分には弱めのステロイド剤を塗り、患部をいつも清潔に保つことが必要になります。

あせもが出来ている部分が汗をかくと、さらに炎症を起こしやすいので、汗をかくたびにこまめに拭き取ったりシャワーで洗い流してあげることが大切です。

あせもの治療で清潔を心がけることは大切ですが、シャワーを浴びすぎると皮脂が少なくなって乾燥肌を起こしてしまうこともありますから気を付けなくてはいけません。

シャワーで皮脂が溶け出すことも

人間の皮脂は大体30度前後のお湯をかけると溶け出して流れていってしまうといわれていて、普通にお湯で手洗いをしたりお風呂に入ったりするだけでも、気付かないうちにかなりの皮脂を失っていることになります。

ただ、常に肌の中で皮脂分泌は行われているので、時間が経てばある程度もとに戻ります。

お風呂上がりに肌がカサついているように感じても、しばらくするとうるおっていることがありますよね?
それは、新しい皮脂が分泌されて肌にバリアがかけられたという証拠なのです。

子供が1日に何度もあせもケアでシャワーを浴びる時には、そのたびに皮脂は流れ落ちていますから、保湿をしてあげなければ乾燥肌のトラブルを起こしてしまうこともあります。

汗をたっぷりかいている子供の肌は一見うるおっているように見えるのですが、実は肌内部の水分は失われています。
あせもケアをする時には、保湿ケアにも気をつけてあげて下さいね。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑