肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

ヘパリン類似物質とは

子供の皮膚トラブルに使う塗り薬の成分によく見かける「ヘパリン類似物質」という言葉。
意味はよく分からないけれど、とりあえず使っているという方も多いと思います。

この「ヘパリン類似物質」とはいったい何なのか、調べてみました。

ヘパリンに似た働きのある成分

ヘパリンとは、人や動物の身体の中の肝臓で生成される成分のことです。
体内で血液が固まってしまうのを防いだり、細胞の分裂する働きや脂質を調整する作用があります。

ヘパリン類似物質とは、体内で生成されているヘパリンと同じような働きをする成分のことをいいます。

市販の保湿液などに保湿成分として入っていたり、皮膚科では「ヒルドロイド」という名前で乾燥肌やアトピー性皮膚炎に処方されることの多い薬ですから、小さな子供を持つお母さんの中には「ヒルドロイド」という名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

ヘパリン類似物質の効果とは?

ヘパリン類似物質は、日本では約50年ほど前から乾燥肌対策の塗り薬としてひろく使用されています。

医薬品としての「ヘパリン」は血液の抗凝固薬として使われますが、ヘパリン類似物質は塗り薬として、肌の保湿や血行促進、代謝を活発にすることで荒れた肌の炎症を抑えることなどを目的に使われます。

トラブルの出ている肌のバリア機能の乱れを改善して、健康的な肌に戻す効果がありますし、ステロイド剤のような副作用の心配も少ないため子供にも安心して使用できる保湿剤になっています。

角質の水分保持に働きかける

ヘパリン類似物質が乾燥肌やアトピー性皮膚炎によく使用されているのは、角質の水分保持作用が強力で、ダメージの大きい肌にも効果が大きいためです。

乾燥肌に使われる保湿剤には、肌表面を油膜で守り、角質層からの水分蒸発を防ぐタイプと、肌内部の水分と結びついて、そのままキープをする働きがあるものがあります。

ヘパリン類似物質は後者のタイプで、肌に浸透して水分をしっかり保持してくれるので、肌トラブルの緩和に即効性があります。

同じような作用のものに尿素がありますが、尿素も乾燥肌への効果は高いものの、ピリピリとした痛みや発疹などの副作用のリスクが高いです。

子供への尿素の使用を控えている皮膚科もあるようですから、お家でも、独自の判断で子供に尿素をつけるのは控えたほうが安心です。

傷跡ややけどの跡を薄くする効果も

ヘパリン類似物質は皮膚の新陳代謝を活発にしてくれる働きがありますから、肌に残っている傷跡ややけどの跡を薄くしてくれる効果もあります。

皮膚科では、凍傷などで肌に跡が残ってしまった時の治療に使われることもあり、皮膚組織を再生する効果にも注目されています。

乾燥肌が悪化すると、皮膚の表面が黒ずんだり硬くなったりすることもあり、そういった症状の緩和にもヘパリン類似物質が処方されることが多いです。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑