肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供の肌が鮫肌になったら

子供の乾燥肌がひどくなると、皮膚の表面がザラついて感じる鮫肌になってしまうことがあります。

鮫肌は悪化すると魚鱗癬(ぎょりんせん)という皮膚病にも繋がってしまうので、気を付けなくてはいけない肌トラブルのひとつです。子供の鮫肌についての対処法をまとめてみました。

子供の鮫肌はなぜ起きる?

皮膚の表面が、まるでサメの肌のようにザラザラと硬くなってしまうことを「鮫肌」といいます。
鮫肌の原因は乾燥肌の悪化が一番に考えられますが、アトピー性皮膚炎の症状で鮫肌になってしまうこともあります。

乾燥肌が原因で皮膚のターンオーバーが悪くなると、古い角質が剥がれにくくなるために肌がザラザラになったり、毛穴のつまりや皮膚のひび割れ、ポツポツとした発疹が出来てしまうことがあります。

トラブルが起きている肌は触り心地がザラついて感じるので、子供の肌を触った時に「あれ、おかしいな?」と気付くこともあると思います。

鮫肌は放っておくと皮膚病に繋がっていくこともあります。
一時的なカサつきやザラつきなら心配はありませんが、子供の肌を保湿しても、なかなか改善が見られないときには皮膚科で診察を受けることがおすすめです。

鮫肌をきれいな肌にもどすためには

鮫肌を改善するためには、日常生活の中で角質層の乾燥を防ぎ、こまめに保湿ケアを繰り返します。
皮膚科での治療は、角質層を柔らかくする角質軟化薬や肌をうるおわせる保湿外用薬が処方されることが多いです。

鮫肌は角質が形成異常を起こしている状態で、遺伝的な原因もあるのではないかと考えられていますが、まだ根本的な治療法は解明されていないようです。
つらい症状を和らげる対処療法を続けながら、お子さんの肌の再生をサポートしてあげましょう。

皮膚が魚のうろこのようになる、魚鱗癬(ぎょりんせん)とは

魚鱗癬(ぎょりんせん)は、皮膚の表面が魚のウロコのようになって粉状になった皮膚や垢が発生する皮膚病です。

悪化すると発疹や水泡もできるようになって、痛みやかゆみも強くなります。

この魚鱗癬の初期症状に鮫肌が起きることが多いので、子供の鮫肌が気になっているお母さんは悪化しないうちに治療を開始してあげることが大切です。

魚鱗癬は手足や背中、おしりなど、乾燥しやすい部分にできます。
見た目の印象は強いですから、友達に魚鱗癬になっている手足が見られることを嫌がる子供もいるようです。

鮫肌や魚鱗癬を完治させるには、気長に保湿ケアを続けていくことが大切です。
子供だけでは保湿ケアの継続は難しいので、お家の方が気をつけてあげるのが一番です。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑