肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

こどもムヒソフト

空気の乾燥しやすい秋冬の季節には、身体のかゆみをうったえる子供がとても多くなります。

それは、乳幼児期から思春期までの子供の肌は皮脂分泌量がとても少なく、角質層も非常に薄いために、乾燥肌の状態になりやすいからです。

乾燥肌になると、ホコリや汚れ、気温の変化、入浴時の刺激などでかゆみが誘発されてしまいます。
悪化すると、かゆみが原因で眠りにくくなったり、皮膚を搔き壊して感染症になってしまうこともあります。

乾燥肌のかゆみには、早目のケアをしてかゆみを抑えてあげることが大切です。

こどもムヒソフトは、子供の身体のかゆみを抑えるための保湿クリームです。
かゆみを鎮静させる成分ジフェンヒドラミンと炎症を抑えるグリチルリチン酸二カリウム、肌を保湿して潤わせる保湿性基剤成分、アミノ酸、フルーツ酸、水素添加レシチンがバランスよく配合されています。

これらの成分の働きで、今起こっているかゆみを和らげ、皮膚を保護することができます。そして、子供の肌を健康に導くために、2種類のビタミン(トコフェロール酢酸エステル、パンテノール)も入っています。

こどもムヒソフトは肌と同じ弱酸性で、生後1カ月の赤ちゃんから使えます。
毎日繰り返し使っても安全なように、ステロイド成分は使用せず、香料着色料も無添加。

防腐剤も入っていません。子供のカサカサ肌のかゆみに優しい、こだわりの処方となっています。

子供の乾燥肌のかゆみは、ひどくなるととてもつらいものです。
特に、冬場の厚着がかゆみの原因になってしまう子供も多いです。

乾燥肌の子供の肌に直接触れる衣類は、なるべくコットン素材を選び、化学繊維は避けましょう。
また、肌が荒れて敏感になっている時には、衣類用の洗剤も無添加のものに変えるなど、配慮してあげることが必要です。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑