肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

入浴後の保湿ケアについて

小さな子供の肌はバリア機能がまだまだ未熟で、乾燥肌になっていることが多いです。
ですから入浴後の保湿ケアが、デリケートな子供の肌を守るためにはとても重要です。

入浴後の子供の肌はしっとりと潤っているように見えますが、実は肌内部の水分はどんどん失われています。
一般的に、お風呂から出て10分くらいで水分は失われ始めるといわれています。

子供の肌の角質層は大人の約半分ほどの厚みしかありませんから、それよりも早く水分が失われ始める可能性が高いです。
入浴後はなるべく早めに、お子さんの肌をケアしてあげましょう。

入浴後にはすぐに保湿

入浴後の保湿方法は、肌着を着る前にクリームやローションを全身に塗ってあげるのが良いでしょう。
くまなく薄く伸ばすことが大切です。

小さい赤ちゃんでしたら、沐浴後にそのまま保湿液に身体をつけてあげる方法もあります。
新生児の頃から肌の保湿ケアを続けることで、アトピー性皮膚炎やアレルギーの発症を防ぐことができることも分かっています。

入浴による過乾燥を防ぐ、赤ちゃんやアトピーっ子も使える入浴剤などもあります。
くわしくは→赤ちゃんの乾燥肌対策

お母さんにとっては手間のかかることですが、お子さんの健康のために、入浴後の保湿ケアはとても大切なのです。

子供向けの保湿ケア製品

子供向けの保湿ケアの製品はたくさん出ていますが、保湿成分が多く入っていても肌に合わずにアレルギーを起こしてしまうこともあります。

子供の肌は敏感な上に、さまざまな物質に対しての免疫がほとんどついていない状態です。
保湿ローションやクリームなどをはじめてつける時には、少量で様子を見てかゆみや赤みが出ないことを確かめてから全身に塗るようにして下さい。

クリームやローション選びには、子供向けの無添加にこだわった製品がおすすめです。
特に家族の中にアトピー性皮膚炎やアレルギーの方がある場合には、なるべく刺激の少ない保湿製品を探すようにしましょう。

子供を入浴させる時の注意

子供をお風呂に入れるとき、ボディソープやシャンプーなどはついつい大人と同じものを使ってしまいがちですが、大人用の製品の中には子供にとっては刺激が強い成分も含まれていることがあります。

毎日繰り返し使うものですから、子供には低刺激のものを選んであげた方が良いでしょう。
特に、乳幼児期のお子さんの肌はとてもデリケートでトラブルが起きやすいので注意が必要です。

薬局やドラッグストアでは、子供用の無添加の製品が揃っています。
保湿成分の含まれた石鹸やシャンプーも数多く販売されていますので、お子さんの肌に合った製品を選んであげて下さい。

また身体や髪を洗う時には、ナイロンタオルやスポンジなどは使わず、手のひらで優しく洗ってあげます。
身体のくびれの部分などに汗や垢が残っていると、そこから皮膚炎になることもあります。汚れはしっかり取り除いて、シャワーできれいに流してあげて下さい。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑