肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

プロペト

軽い肌荒れから重症の皮膚疾患、アトピー性皮膚炎など、肌トラブルに幅広く利用されているワセリンですが、精製度によって使い道が分かれています。

皮膚科では、患者の症状に見合った外用薬が処方されますが、ワセリンは塗る患部の場所や患者の年齢などで使い分けられています。

プロペトは、ワセリンの中でもサンホワイトに次いで精製度の高い外用薬に分類されています。

原油を分離して精製するワセリンは、黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトがあり、精製度の高いプロペトは、口や目に入っても安心なワセリンとして眼科でもよく処方され、小児科では乳幼児の肌トラブルの治療に用いられることが多いです。

白色ワセリンよりもきめ細かい柔らかいクリームになっており、塗り心地のべたつきも少なくなっています。

ワセリンの中に少量含まれている不純物もほとんど入っていません。

眼球に塗っても刺激が無く副作用の問題がないことから、小さな子供のかぶれやただれ、過敏症の方の摩擦予防など、幅広い年齢層の患者に使用されています。

ワセリンは皮膚をしっかりカバーすることで、皮膚内部の治癒力を引き出すという働きがあります。
ですから、薬効作用の浸透性はほとんどありません。

乾燥肌にプロペトを用いる時には、炎症やかゆみを抑える外用薬や保湿剤を塗った後に、蓋をする意味で塗ってあげるのが効果的です。

間違って先にプロペトを塗ってしまうと、次に塗るものの成分が肌に届かなくなってしまいます。

1日のうちに何度も塗布する必要がある時には、その都度肌をきれいにから塗り始めるようにしましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑