肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供の顔が赤くてカサカサしていたら

秋から冬にかけて空気が乾燥する季節になると、子供の顔周りやほっぺたが赤くカサカサになっているのを見かけることはありませんか?

皮膚のバリア機能がまだまだ未熟で、とてもデリケートな子供の肌。冬の乾燥からくる顔の赤みやカサカサについてまとめました。

角質層が薄く、バリア機能が整っていない子供の肌

皮膚の薄い子供の頬は毛細血管が透けやすいので、運動などで顔が上気すると赤くなるのが普通です。

でも、秋冬の時期に運動とは関係なく、子供の頬やおでこ、口の周りが赤くなってカサついているのは、肌内部の水分が空気の乾燥や冷気によって失われてしまったことが原因です。

乾燥した肌に汚れや唾液(よだれ)がつくことで、かぶれて炎症を起こしてしまうと、顔周りが常に赤い状態が続いてしまいます。

子供の赤いカサカサ肌を改善するには、乾燥肌対策をしてあげることが先決です。
肌内部の失った水分は、保湿して補ってあげましょう。

保湿ケアを嫌がる子供には…

子供の肌の保湿ケアは、入浴後のタイミングにしてあげるのが良いといわれています。
お風呂でうるおった肌も、時間がたてば水分がどんどん蒸発してしまいますから、肌が乾燥する前に保湿ケアをする方が効果的です。

入浴後の保湿ケアを嫌がったり、じっとしていることが苦手な赤ちゃんには、お母さんの手のひらに保湿ローションをたっぷりと含ませてから、顔全体を優しく覆ってあげる方法がおすすめです。

身体にクリームを塗られるのが苦手な子供でも、お母さんの手のひらで撫でてもらうのは大好きですよね。
保湿ケアをかねたスキンシップのようなつもりで、優しくパッティングしてあげましょう。

私が子供に使っている肌潤糖は入浴時に使えて自然由来のものなのでおすすめです。

小さな子供に使う保湿剤は、配合された成分にも注目しましょう

乾燥する季節になると、赤ちゃんでも使える保湿剤がドラッグストアなどにずらりと並びますよね。
種類が多いので、一体どれを選んでいいのかと迷ってしまうこともあると思います。

でも、子供用の保湿剤の成分表示を見てみると、実は合成界面活性剤や防腐剤などが普通に入っているものがほとんどです。

乾燥でカサついてしまった顔周りにつけるものですから、なるべく無添加にこだわった低刺激の保湿剤を選ぶようにしましょう。

軽いカサつきならホホバオイルがおすすめ

子供の乾燥肌の赤みやカサカサには、無添加で天然の保湿剤が安心です。
精製されたホホバオイルや馬油なら、ノンケミカルで保湿効果も高くおすすめです。

不純物が入っていないので赤ちゃんにも使えますし、肌の上に薄く伸ばすだけで保湿ができて、ベタつかずさらっとして使い心地も良いので子供も嫌がりません。

子供の保湿剤は毎日使い続けるものですから、安心の成分で使いやすいものを選びましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑