肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供の乾燥肌とひっかききず

乾燥肌のつらいかゆみ。特に冬場はかゆみも強くなりますから、子供の手足や背中にひっかききずなどのかきすぎた跡を見かけることも多くなりました。

乾燥肌のひっかききずへの対処法をまとめました。

かけばかくほど、かゆみは誘発される!

乾燥肌を起こしている皮膚は、外部からの刺激にとても敏感です。

肌に触れる色々なものや、気温や湿度、汗や汚れなど、あらゆるものがかゆみに繋がってしまうのです。

しかも、かゆい部分をかけばかくほど、肌が熱くなってかゆみは強まっていくというのが乾燥肌の特徴で、そのためにかきすぎた皮膚にひっかききずが出来やすくなってしまうのです。

子供は体温が高く、冬でもたくさんの汗をかきます。
そのことがより乾燥肌を進行させて、肌のかゆみを強めてしまうのです。

ひっかききずは、放っておくと跡が残りやすい?

乾燥肌のかゆみでひっかききずが出来てしまった場合、そのまま対処をせずに放置すると傷跡が残りやすいというのをご存知でしょうか?

ひっかききずには、かいた時の爪のばい菌が入ってしまっていることが多くあり、それが原因で化膿したりただれたり、治りが遅くなってしまうこともあるそうです。

子供の身体にかきこわしたひっかききずを見つけ、あまり酷いようであればまず消毒をして清潔にしてあげましょう。

出血がある時には絆創膏などで傷を保護してあげて、軽い傷の場合でもワセリンなどを塗って傷口に新たな汚れやばい菌が入り込まないように注意してあげて下さいね。

ひっかききずが早く治れば、その分、傷跡も残りにくくきれいな肌に戻してあげることができますよ。

早めの対策で色素沈着の予防をすることもできます。

乾燥肌のひっかききずを防ぐために

乾燥肌のひっかききずを防ぐためには、原因になっている乾燥肌を改善することが大切ですが、もうすでにかゆみが強くなっている時は、まずかゆみへの対処をしっかり行ってあげて下さい。

乾燥肌は温まるとかゆみの強くなる傾向がありますから、冷たく絞ったタオルをかゆい部分に当てるなど、肌を冷やすことで一時的にかゆみを抑えることが出来ます。

ひっかききずの出来てしまった子供の肌は痛みも出やすいですから、消炎効果のある塗り薬をむやみにつけるよりは、しみにくい濡れタオルなどを当ててあげるのがおすすめです。

かゆみがおさまれば保湿剤を塗って、肌にうるおいのバリアをかけてあげましょう。

何はなくとも保湿・保湿・保湿。
日々の保湿が大切です。

ひっかききずとケガは違う

同じような傷に見えても、ひっかききずとケガは種類が違います。

一般的に知られているようなケガの治療法をひっかききずに使って、傷口がひどくなってしまうこともあるようですから気を付けて下さいね。

乾燥肌が原因でかゆみが強くなって、子供の肌にひっかききずが出来てしまった時は、乾燥肌を治すことを第一に考えてましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑