肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供の乾燥肌・子供の敏感肌

以前に比べて肌への刺激が気になるようになった。
髪が顔に触れるだけでかゆくなってしまう…。

そんな風に感じている方は、乾燥性敏感肌の可能性があります。
秋から冬にかけて、空気が乾燥する季節には乾燥性敏感肌の症状に悩む方が多くなります。

乾燥性敏感肌とは、肌の内部にあるセラミドや天然保湿因子が不足することで水分を保持できなくなり、肌表面の角質層のバリア機能が低下している状態をいいます。
肌のバリア機能が低下するとあらゆる刺激に対して過敏になってしまいます。

肌が過敏になると、何かが触れた時にかゆみが出るだけではなく、気温の変化や紫外線などにも反応してしまいます。
また、雑菌やハウスダストなど普段は洗い流せば問題が無いようなものでも、肌に付着した時点で反応がでてしまい、かゆみや発疹があらわれることもあります。

皮膚科などでは、肌表面の角質層の水分量が10%を下回り、この乾燥肌が原因となって肌がトラブルを起こしている場合に乾燥性敏感肌と判断されます。

乾燥性敏感肌の主な症状

髪が顔にかかったり、汗をかいた時に肌がかゆくなる。
化粧品やローションをつけると肌がひりひりする。赤みが出る。
肌が乾燥して粉をふいている部分がある。
入浴後、洗顔後に肌がつっぱる
衣類やタオルなどが触れた時にチクチク感じる。かゆみがでる。

以上のような症状があると、乾燥性敏感肌になっている可能性があります。

乾燥性敏感肌の原因は、気候の変化や環境の変化、ストレスや疲れなどで身体の中のバリア機能が一時的に低下した状態にあると考えられています。軽度のものなら、スキンケアを気をつけたり、生活リズムや食生活を見直すことで改善されますが、かゆみや痛みがひどい場合や、ただれや発疹などが出ている時には皮膚科で診察を受け、体質に合った薬を処方してもらいましょう。
一般的に、アトピー性皮膚炎の方は肌内部の水分量が健康な方より少ない傾向があり、乾燥性敏感肌を起こしやすい場合があるといわれています。

乾燥性敏感肌は角質層の水分量低下が主な原因となっているので、肌の保湿に気をつけることで症状を改善することができます。
肌の保湿には、入浴後や洗顔後にローションやクリームなどを使うことが基本ですが、その他にも、顔や身体の洗い方を工夫することも大切です。顔や身体を洗う時、ボディソープや洗顔料をよく泡立てて、なるべく素手で洗います。肌をこするとバリア機能が失われますので、化粧水などをつける時にもコットンやティッシュは使わず、手のひらで肌を覆うようにしてつけていきます。

かゆみや痛み、赤みや発疹などの症状がある乾燥性敏感肌は、かかってしまうととてもつらいものです。しかし、こまめに肌の保湿を心掛けることで防ぐことができます。保湿ケアには、肌のバリア機能を守る働きのある製品を選ぶようにしましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑