肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

赤ちゃん・幼児の肌トラブル

子供の肌は大人に比べて皮膚を保護する役割の角質層が薄く、また皮脂の分泌量も少ないため、さまざまな肌トラブルが起こりやすくなっています。

新生児から幼児期にかけては、月齢により肌の状態が大きく変化していく時期になっているため、お子さまに合わせたスキンケアが必要となります。

産まれてすぐの赤ちゃんの肌は、初めて外気にさらされることで一時的に乾燥肌になります。
しかし、母体で蓄えられた物質の働きによって皮脂の分泌は増加します。

皮脂の分泌が急激に増えることで、脂漏性皮膚炎にかかる赤ちゃんが多くなります。
脂漏性皮膚炎にかかるとかゆみがひどくなり、赤ちゃんが自分で掻いてしまうことで悪化することもあります。

肌トラブルを予防する方法

予防には、特に皮脂の分泌が多くなる顔や髪の生え際などを清潔に保ち、赤ちゃんの爪を短くしておきます。
この状態は生後1〜2カ月続くといわれていますが、その後また皮脂の分泌は落ち込み乾燥肌の状態が1歳頃まで続きます。

生後2カ月頃からの乳児期の肌はとても敏感になっているので、すこしの刺激でもトラブルが起こりやすいのが特徴です。
おむつかぶれやあせもなども出やすく、口の周りについた食べ物の汁などもついたままにしておくと炎症を起こすことがあります。

また、洗剤や石鹸などが原因の皮膚炎にかかる赤ちゃんも多くなる時期です。
普段から汗や汚れはこまめに拭き取ってあげて、洗剤に敏感な赤ちゃんの場合は洗濯洗剤も無添加のものを使うようにします。

汚れを拭き取る時にはあまりごしごしと擦らず、ローションやクリームなどの保湿も忘れないようにしてあげて下さい。

赤ちゃんが1歳を過ぎると、皮脂の分泌はさらに少なくなります。

1歳頃から小学校に入るまでの幼児期は、一生のうちでもっとも肌が乾燥している状態になっているといわれています。

また幼児期には、外出する機会が増えたり色々なものに触れる機会も生活の中で増えていく時期ですので、乾燥肌が原因の肌トラブルに加えて、日焼けによる皮膚炎やアトピー性皮膚炎も発症しやすい時期です。

保育園や幼稚園での集団生活が始まると、伝染性のとびひや水いぼなどにもかかりやすくなります。

日焼けで炎症がある時には濡れタオルなどで冷やし、子供用の保湿クリームなどを塗ります。
アトピー性皮膚炎は判断が難しく、放っておくと悪化することもあるので、早めに皮膚科を受診しましょう。

まだまだ肌のバリア機能が整っていない小さな子供には、それぞれのお子さんに合ったスキンケアをきちんとしてあげることが大切です。特に乳幼児期では、乾燥肌対策をどう乗り切るかというのが、ひとつのポイントとなっています。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑