肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

子供の乾燥肌の症状集

乳幼児の肌は角質層が薄く、皮脂の分泌が少ないことから乾燥肌になりやすくなっています。
乾燥肌になるとさまざまな症状が出て、ひどくなると他の感染症などに繋がる場合もあります。

乾燥肌の初期症状

乾燥肌の初期症状は、皮膚の表面がかさかさとして乾いた感じに見えます。
触ってみるとつっぱったように感じることもあります。

それがひどくなると、表面に赤みが出てきたり、粉をふいたりします。
かゆみが出てきますので、小さな赤ちゃんだと自分で掻きこわしてしまうこともあります。

赤ちゃんはかゆみを言葉で伝えられないので、お母さんがなかなか気つけない時もあります。
頬の下の辺が赤くなってツヤが出ていたり、顔の周りがかさかさとしていたら乾燥肌を起こしている可能性があります。

お子さんの肌が乾燥していると気付いたら、早めに対策をしましょう。
乾燥肌には保湿をすることが大切です。

特に入浴後は体内の水分が失われていますので、ローションやクリームで肌の表面をしっかりとカバーして上げて下さい。

乾燥肌が進行してくると

乳幼児の乾燥肌がひどくなってくると、皮膚の表面がかさかさからもっとごわついた感じになり、ひび割れて血がにじむこともあります。

かゆみも強くなり、入浴時や就寝時、冬の外出時などには特にかゆくなります。
色々な刺激がかゆみに繋がりますので、口についた食べ物の汚れや手洗いの石鹸などにも反応します。

肌のバリア機能が著しく失われると、肌の表面に小さなプツプツとした発疹があらわれることがあります。
こうなると市販の薬ではなかなか対応できないので、早目に皮膚科を受診しましょう。

やはり日頃のスキンケアが重要

乳幼児の乾燥肌には、日頃のスキンケアで肌の表面を保護してあげることが必要です。
乾燥肌は病気ではありませんが、小さな子供さんだとかゆい時に無意識にひどく掻いてしまい、肌に傷がついてしまうことがあります。

傷があるとそこからばい菌やウイルスが身体の中に入りやすくなるので、さまざまな感染症にかかりやすくなります。

乾燥肌だけなら程度によっては心配はありませんが、乾燥肌が発端となって別の病気にかかってしまうこともあります。
乳幼児のスキンケアはとても大切だといえます。

肌にひっかき傷が出来てしまったら

肌にもし掻き傷ができてしまった時には、消毒をして薬をつけたあとは、なるべく触らないように気をつけましょう。
特に小さな赤ちゃんは抵抗力も弱いので注意が必要です。

赤ちゃんが寝ている間に顔や身体を掻きすぎてしまう時には、就寝用のグローブを両手につけておきましょう。

入浴後の保湿をしっかりと行うことで、就寝時のかゆみを抑えることができます。
お子さんがぐっすりと眠れるように、スキンケアには気をつけてあげましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑