肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

テラ・コートリル軟膏

肌の炎症がひどい状態で、症状を早く抑える必要のある時には、強力な作用を持つ薬を選ぶ必要があります。

腫れや出血など、長引けば他の病気へも移行することが考えられるときなどには、副腎皮質の薬が用いられることも多くなります。

テラ・コートリル軟膏は、オキシテトラサイクリン塩酸塩とヒドロコルチゾンを主成分にした塗り薬です。

合成副腎皮質ステロイドの消炎作用と抗アレルギー作用が、皮膚の炎症や腫れ、かゆみや痛みを抑えてくれます。

傷口の止血をする働きもあり、手術後の止血剤に使われることもあります。湿疹やかぶれなどの皮膚疾患のほか、皮膚感染症、歯肉炎、細菌感染の予防など、幅広く使用されます。

抗生物質やステロイドが主成分として使われているため、長期的に使用すると副作用のリスクが高くなります。あくまでも、症状が出ているときだけに限定的に使うことが大切です。

とくに、皮膚が薄い顔に塗る時には注意が必要です。テラ・コートリル軟膏に入っているステロイド成分は5段階中1番弱いレベルとされているので、数日〜2週間程度の短期間なら副作用の心配はありません。

抗生物質の含まれる軟膏に考えられる副作用は、耐性菌の発現です。

これは、長期間抗生物質を塗り続けることによって、細菌が薬剤に負けないように変化してしまい、強くなってしまうことです。

こうなると、耐性菌の働きによって抗生物質が効きにくくなり、将来的に感染症が治りにくくなってしまいます。

このテラ・コートリル軟膏は外用薬ですから、耐性菌の心配は内服薬より遥かに少ないですが、使いすぎることは良くないので気をつけましょう。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑