肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

ウチの子の乾燥肌ってもしかしたらアトピー性皮膚炎?

乾燥肌で子供の皮膚の表面がトラブルを起こしていると、アトピー性皮膚炎ではないかと心配するお母さんも多いです。
乾燥肌とアトピー性皮膚炎の違いについて、まとめてみました。

乾燥肌の特徴とアトピー性皮膚炎との違い

乾燥肌は、皮脂分泌量の低下や角質層のトラブルなどで、肌内部の水分量が不足している状態のことです。
乾燥肌になると肌が粉をふいてかゆみがでたり、乾燥性の発疹ができたりします。

乾燥肌の皮膚表面はうるおいが不足しているために硬くなり、かさかさとした感触になっています。
皮脂が少なくバリア機能が低下してしまうと、さまざまな刺激に敏感な状態になり、皮膚炎や肌トラブルが起きやすいというのも乾燥肌の大きな特徴です。

一方、アトピー性皮膚炎も乾燥肌と同じような肌トラブルを起こしますが、アトピー性皮膚炎の最大の特徴は、その肌トラブルの原因がアレルギー物質に対しての過敏症だということです。

アトピーという言葉は、ギリシャ語の「アトポス」からきていて、アレルギーに基づくさまざまな症状がでる病気という意味があります。

アレルギー素因があるかどうか

自分では乾燥肌だと思っていても、家族にぜんそくやアレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギーに関する病歴がある場合には、病院でアトピー性皮膚炎が疑われることもあります。

子供の乾燥肌の症状が強く、家族の中にアレルギー体質の方がいるなら、専門医の診察を受けてアレルギーがないかどうかを調べてもらうこともおすすめです。

乾燥肌の治療とアトピー性皮膚炎の治療

乾燥肌の肌トラブルが起きている場合、肌の保湿ケアを中心とした治療を行うことになります。

子供の身体を洗う石鹸やシャンプーなどを敏感肌用の低刺激なものにかえて、洗ったあとの保湿をしっかりと行うことで症状を改善することができます。

アトピー性皮膚炎の治療にも保湿ケアは大変重要ですが、アトピー性皮膚炎の場合は皮膚炎の原因となっている物質に触れさせないようにするというのも大切なこととなります。

アレルゲンには肌に触れるもの以外にも食べ物や飲み物などもありますから、生活習慣や食生活も見直しながら、肌の清潔と保湿を心がけた治療が必要となります。

子供の乾燥肌にアトピー性皮膚炎、どちらもお母さんを悩ませることの多い皮膚トラブルです。
忙しい毎日を送るお母さんにとっては負担も大きいですが、生活を見直してこまめなケアをしてあげることで早期に改善ができます。

専門医のアドバイスを参考にしながら、気長に治療を続けてあげて下さいね。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑