肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

白色ワセリン

湿疹や肌荒れでデリケートになった皮膚をカバーする働きのある白色ワセリン。
乾燥肌や敏感肌の治療に使われることも多いです。

傷付いた肌の上にのせることも多く、身体のどの部分の肌に塗っても副作用が起きない、とても安心感のある外用薬です。

ワセリンは、石油系の混合物を精製して作られています。
精製度の高さでいくつかの製品に分かれており、白色ワセリンは中程度くらいの精製度になっています。おもにトラブルを起こした肌が刺激物に触れることを避ける目的と、肌内部の自己再生を促す目的で使われることが多いです。

白色ワセリンを塗った肌は、しっとりと蓋をされたような状態になり、ほこりやばい菌、ウイルスなどに触れないようにできます。

また、赤ちゃんの頬などが乾燥でかぶれていたりしても、白色ワセリンを塗っておけば、唾液や食べ物の汁が肌荒れの箇所につくことを防ぐことができます。

白色ワセリンは、肌に蓋をする役割で使われますが、肌内部に浸透して作用を働きかけることはないので副作用の心配がなく、アトピー性皮膚炎やアレルギーの子供の治療にもよく用いられています。

白色ワセリンそのものが肌に悪影響になることはありませんが、白色ワセリンを扱うときの指先が汚れていたり、清潔な環境で保存していないと、白色ワセリンの中に肌の刺激となる物質が入り込んでしまうこともあるので注意が必要です。

ワセリンは、白色ワセリンのほか、眼科などでも処方されるプロペトや、ドラッグストアなどで簡単に手に入る黄色ワセリンなどがあります。

軽い肌荒れから怪我の治療まで、肌トラブルの症状に合わせて使い分けることができ、とても便利な塗り薬です。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑