肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

白い粉をふく乾燥肌(乾皮症)

子供の乾燥肌がひどくなると、皮膚が白く粉を吹いた状態になることがありますよね。
この粉吹き肌のことを乾皮症(かんぴしょう)といいます。

アトピー性皮膚炎を併発することもある、乾皮症のことを調べてみました。

子供は大人より皮脂分泌量が少なくて肌が乾燥しがち…

子供は「アンドロゲン」というホルモンの分泌がすくないため、肌の皮脂が大人に比べてかなり少なくなっています。
この皮脂分泌量の少なさが原因で乾燥肌が進行すると、「乾皮症」という皮膚の病気につながってしまいます。

乾皮症は、肌が乾燥することで強いかゆみや湿疹を起こす病気です。
症状の強い時にはアトピー性皮膚炎を併発していることもあり、肌のかゆみや痛み、湿疹の肌のただれなど、子供にとってはつらい皮膚病のひとつなのです。

皮脂量が少なくなると起こりやすくなる?

乾皮症は皮脂分泌量の少ない子供が発症することの多い病気ですが、皮脂腺の機能が低下した高齢者も発症します。

また、食器洗剤などの界面活性剤の影響で皮脂が少なくなってしまった主婦が発症することも多く、どの場合も肌の皮脂量が少なくなったことが原因となっています。

診断や治療法は、子供や高齢者、主婦でも同じで、基本的には失われた肌のうるおいを補う方法の治療がおこなわれます。

大人でも、手足がカサついて粉が吹いた状態になることがありますよね。

毎日入浴で使っている石鹸やシャンプーにも界面活性剤が配合されているものがありますから、それが原因で知らないうちに乾皮症を起こしていることもあるそうです。
子供も大人も、肌に直接つけるものには気をつめましょう。

乾皮症の治療方法

乾皮症の治療には、肌の保湿剤として外用薬が処方されます。

白色ワセリンなどの低刺激の保湿剤が使われることが多いようですが、かゆみが強く症状が重い時には、ステロイドなどの塗り薬が処方されることも。

ただ、ステロイドが配合されている塗り薬には、間違った使い方をすると完治したあとに肌が茶色く残ってしまう場合もあるそうですから、子供に使う時には注意しなければいけませんね。

乾皮症は肌の乾燥が招く病気ですが、飲み物などで体内に水分をたくさん摂っても、残念ながらほとんど効果はないそうです。

肌表面のうるおいが大切ですから、こまめに保湿剤を塗ってあげることが効果的です。

加湿器などで部屋の中の湿度を上げてあげることで、肌からの水分の蒸発を防ぐことができて、かゆみを抑える効果があるそうです。

就寝時にかゆみが強くなる子供には、寝室の加湿を心がけることで、症状を和らげることができますよ。
ぐっすり眠って代謝がアップすれば、乾皮症の治療にも役立ちます。

肌潤糖口コミレビュー使用前 太ももの裏

>> 《写真付》子供の乾燥肌が改善した経過・対策を見てみる <<

PAGE TOP ↑